アイフルの審査が通るのに落とし穴ってある?

消費者金融のアイフルのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融アイフルについてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

アイフルのカードローンの仕組みを知っていますか?アイフルのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるアイフルのキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を減らす有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

普通、消費者金融のアイフルのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のアイフルのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のアイフルのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でアイフルの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融アイフルの違いは何かというと、業務内容になります。

参考:アイフル審査の流れは?【申し込みから借り入れまでの詳細!】

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!アイフルのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のアイフルのカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、レディースローンを提供している消費者金融アイフルもあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

アイフルのカードローンの新規に申込場合、一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融アイフルですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてアイフルのカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、消費者金融のアイフルのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のアイフルのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。