ACマスターカード審査申し込みで話題に

社会人が作るならマスターカードを

ACマスターカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして多いのがACマスターカードだと言われています。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

例えば、ローンを組むことやACマスターカードを作ることなどです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

ACマスターカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入が継続しているとわかれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

携帯料金はACマスターカードで払う!

ネットショッピングをするのにクレジットカード払いのみの場合があるなど申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので期日に気をつけましょう。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてACマスターカードを挙げる人も多いそうです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、間違えることがないように気をつけましょう。

ローンやACマスターカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むACマスターカードは非常に便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

例えば、ローンを組むことやACマスターカードを作ることなどです。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。