ACマスターカードの審査が申し込みって本当?

カードが欲しい時はACマスターカードで

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行する必要があります。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査で見られるポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

ローンやACマスターカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

ACマスターカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

買い物をするときに便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利なACマスターカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきたという人ときていないという人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

ネットショッピングはマスターカードで!

ネットショッピングをするのにACマスターカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、クレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちると言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるためカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ACマスターカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

ネットショッピングで便利なのでクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、場合によってはACマスターカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で使われるクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なものは何があるのでしょうか。

免許証などの本人確認書類はどのカード会社でも必要です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において金融機関に登録した銀行印が必要になります。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでとても便利なACマスターカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。