ACマスターカード審査は誰でも申し込みの?条件はある?

クレジットカード審査受かる人と受からない人

ACマスターカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

ACマスターカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトでは都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うと非正規雇用でも作ることはできます。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引情報です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているACマスターカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、WEBで申し込み手続きをして結果が通知されます。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

初めてカードを発行するときについて説明します。

自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでACマスターカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちるという話もあります。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ネットショッピングをするのにACマスターカード払いのみの場合があるなどクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後の利用で引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードは収入面と関係あるの?

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などACマスターカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査で見られるポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

イベントによってはACマスターカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、ACマスターカードを申し込んだ時に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやACマスターカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって不安に感じるのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

ACマスターカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

クレジットカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、スピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。