ACマスターカード審査って本当に申し込み?

ACマスターカードの在籍確認って

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやACマスターカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

よくTVCMなどで見るACマスターカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で利用する機会の増えたクレジットカードですが、必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

買い物をするときに便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行は不可能です。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

大きい買い物をする際やネット通販など様々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ネットショッピングをするのにACマスターカード払いのみの場合があるなど必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

家事手伝いだとクレカ作れない?

みなさんがACマスターカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があると分かっていれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

クレジットカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されているとカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用する機会の増えたACマスターカードですが、必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座振替依頼書を利用して金融機関口座を登録する場合は、入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど色々な場面で活用されているACマスターカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安に感じるのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてACマスターカードを挙げる人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネットでの買い物時など利用する場面の増えているACマスターカードですが新社会人の方などはまだ持っていないこともあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをしてWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。