ACマスターカード審査の流れは?在籍確認はいつくるのか

クレジットカードについて調べていると

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあります。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

ローンやACマスターカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして多いのがACマスターカードだと言われています。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

ACマスターカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなくかかって来る可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

クレジットカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてなにを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみ

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどACマスターカードが必要な場合が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているACマスターカードですが新社会人の方など若者の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして審査結果がその日のうちにわかります。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

ACマスターカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を入力するケースもあります。

そこで以前のACマスターカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

その中にはACマスターカード払いのみ可能などほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

ネットで買い物する際に使うACマスターカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカード会社からすると貸したはいいけど返済されないということは1番避けたいことです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社はどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。